看護師の社会復帰、一番はじめに考えることは?!

看護師の社会復帰

結婚や出産等の理由でしばらく現場を離れている看護師さんが社会復帰を考える時、まずはじめに何をすればいいのでしょうか?

 

「病院、それともクリニック?」、 「外来、それとも病棟?」、 「立地条件は?」、 「医療機関以外(企業等)に進路変更?」、 「就職の時期は?」、

 

…この手の話は考え出したらきりがないですよね。

 

考えても考えても気持ちは定まらず旦那に相談して解決するはずもなく、疲れ果てる→そしてまた、考えて考えて…の繰り返し。

 

 

スポンサーリンク

 

 

tomoがお勧めする方法としては、まず「収入の目標額を決める」ということです。

 

社会復帰を考える時、いろいろな事を望み過ぎてしまうとかえって上手く行かなくなるものです。

 

あれも、これも…と仕事に求めるよりも、既婚者の場合まずは収入の目標額を設定してしまうと色々な事が見えてきますよ。

 

 

ひょっとしたら既に気にされている方もいるかもしれませんが、日本の主婦は今のところ配偶者控除を受けられることになっています。

 

「103万円の壁」という言葉、聞いたことありますよね?

 

細かいことを抜きにして考えると、年間の所得が103万円未満だったら所得税は掛りません。(※95万円くらいを越えると、住民税だけかかってくる市町村があるので要注意です※)

 

まずはじめに、「配偶者特別控除の範囲で働きたいのか」、 「社会保険に加入してガンガン働きたいのか」の2点について良く考えてみましょう。

 

これって単純にお金の問題ではないんですよ。

 

人間って収入について考えると自然に、「自分が今一番比重を置きたい部分は何か?」という事が浮き彫りになってくる気がします。

 

はじめはガンガンに行く事を考えていても、「そんなことしたら家庭が守れなくなる…」と思ったり、逆にちょっとだけ働きたいと考えていたはずでも、「どうせ働くならもっと稼げる職種に就いたほうが、張り合いがあるかも?!」と気が付いたり…。

 

目標収入はズバリ、「自分の希望の働き方と職種」そのものと考えられます。

 

自分が何を望んでいるのか迷った時には、シンプルに収入の目標額から考えてみると、意外とスムーズに行くかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     

看護師の社会復帰、一番はじめに考えることは?!関連ページ

新人看護師辞めたい≪仕事が辛い≫
新人看護師辞めたい≪仕事が辛い≫
初めての転職と心構え
看護師 ≪初めての転職と心構え≫
看護師単発アルバイト
意外とハマる!?看護師単発アルバイト
憧れのワーキングシンデレラ制度
憧れのワーキングシンデレラ制度