看護師の就職・転職事情をtomoが徹底解説

看護師の就職・転職事情

看護師の就職・転職事情について高い関心を持っているのは、意外と社会人経験がある方のほうだと思います。

 

高校を卒業してからストレートに看護学校に進学する人達は、はっきりいって就職に対してはかなり疎いです。

 

就職活動なんて3年生まで誰もしていないし、とにかく毎日の実習記録のことばっかり。3年の後期になるまでは学生同士でも就職の事を話をすることもほとんどなし…。

 

 

tomoなんて親からも「就職はどうするの?」と聞かれたことは一度もありません。それほど、看護師は就職に困らないってことですね。新卒が欲しくて欲しくてたまらない病院が全国にいーっぱいありますから。

 

当然就職試験や面接を受ける必要がありますが、それぞれの施設で実施される就職試験に対応するように準備していれば、まず大丈夫でしょう。(国公立系なら公務員試験を受けることになるので、それ専用の勉強が必要になります。)

 

 

スポンサーリンク

 

 

今になって思うのは、もっと学生の時に真剣に就職先を探せばよかった…ということ。

 

「資格があればどこにでも入れる」という安心感から、かえって自分の卒業後の進路について考えなくなってしまうんですよね、きっと。

 

看護学校に進学した時点で進路は一つしかないと思われがちですが、実は「資格を取ってからどんな方向性で看護師をやっていくのか」、「そのためにはどんな施設で何年間働けばいいのか」、という視点が、後々すごく重要になって来ます。

 

「取りあえず付属病院に就職すればいい」、「3年くらい働いて、その後のことはそこから考えたらいい」、こういう感覚でした。でも実際、就職してすぐに後悔しました。

 

学生時代に病院見学会等にいって働きやすさなんかをリサーチしていたら、もっとのびのびとした環境で学べたのかもしれません。

 

すべて結果論なので何とも言えないのかもしれないけどtomoはこの教訓を転職活動に活かしたいといつも思っています。

 

看護師の場合、転職に関しても他の職種よりも圧倒的に有利です。求人の数が違いますからね…。逆に多すぎて悩んでしまうこともあるくらい。

 

「食いはぐれがない仕事に転職したい」という考えがきっかけで看護師を目指したいとお考えの方からすれば、嬉しい悲鳴に聞こえるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加