看護師の最大の魅力とは!

看護師の魅力

看護師の仕事には辛くて厳しい部分がたくさんありますが、その反面でとても魅力的な面もいっぱいあります。

 

看護師のメリットとしてよく言われるのが、「就職・転職に有利」、「一生ものの資格」、「社会に貢献できる」、「安定的な収入を得ることが出来る」…など。

 

きっと今、看護師を目指したいと考えておられる人のほとんどが、上記の点を意識しているのではないでしょうか?

 

 

でも看護師の魅力は、これだけではありません!tomoが思う、看護師の魅力的なトコロ。。それは「看護師経験や知識をベースに、新しいチャンスが広げられる」という事。

 

つまり「看護師プラスα」で、さらに自分の活躍の場を広げられるようになるのです!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

tomoは今、心療内科クリニックで勤務しています。そんなtomoが今目指しているのが、「産業カウンセラー」です。

 

あまり聞いたことがない方も多いかもしれませんが、自分の経験から「職場のメンタルヘルス」の問題に興味を持ち始め、この春から講座に通う予定です。

 

もちろん、看護師免許と病棟経験さえあれば、多くの職場に就職・転職出来るので、産業カウンセラーの資格がなければ就職出来ないというワケではありません。

 

でもね、その逆はあります。「産業カウンセラーの資格はあるけれど、それを活かして働く場所がない」、こんな人がゴロゴロいるんです。

 

産業カウンセラーの資格を取得した後、実際に患者さんの面談などまで担当できるかどうかまでは、今はもちろんわかりません。

 

でも、日々の看護の中で心の問題を抱える患者さんとたくさん接する機会があるtomoの場合、講座や実技演習で学んだことを活かす場面が必ずあると思います。

 

単独で保有しても仕事に結びつきにくい資格も、看護師と組み合わせることで、意味のある資格に変わるということです。またtomoは、ケアマネージャー資格も持っています。

 

医療と介護の連携をどう進めて行くのかが国の課題となる今、看護師経験があるケアマネージャーはますます求められるようになるはずです。

 

これら以外にも看護界では、専門看護師、認定看護師など、それぞれの分野のエキスパートの育成がさらに進むでしょう。

 

ある程度の経験を積むまでは本当に大変な仕事ですが、はじめの数年間さえ乗り越えてしまえば、確実にチャンスが広がります。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加