看護学生・実習の心構え!

看護学生・実習の心構え!

看護学生、実習の心構えをtomoがまとめてみました。

 

その1 体調管理が全ての基本

 

「看護師=体力勝負」、これはもう説明するまでもない程、世間一般でも常識ですよね。でも、体力勝負は看護師になった瞬間始まるワケではありません。

 

看護学生時代からすでに始まっていると考えましょう。一般的な大学生とは違い、看護学生はとにかく出席日数に関してうるさく言われます。

 

しんどいから休んでいるのに、みっちり説教されます。「体調管理はどうなってるの?!」、「受診したの?!」、「今後の対策は?!」、「休んだ分のレポートは?!」…とまあ、こんなカンジ。

 

就職してからも、もちろんこのスタンスは続行…。遊びやバイトも大切ですが、体調管理が十分出来る程度にとどめておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

その2 ギブアンドテイク

 

実習は個人プレーではありません。患者さんを担当して、勉強して、記録を書いて…の流れは自分1人ですが、常にメンバーと一緒に行動しながらそれらをこなしてくのです。

 

「自分の記録や提出物さえ完成したら、それでよし」、こういう気持ちでいると、いつか必ずコケます(苦笑)仲間が困っていたら、助けましょう。情けは人の為ならず!

 

 

 

その3 感謝を忘れない

 

実習に行き詰まると、どんなに我慢強い人でも不平・不満が多くなってしまうと思います。その気持ちは経験者なら誰でも理解できます。tomoだってそうでした。

 

でもこんな不安な世の中で、女性が胸を張って生きて行くことができる一生モノの資格が手に入れられると思ったら、それは素晴らしいことだと思いませんか?

 

看護師ほど転職に強い職業はありません。看護師ほどブランクがあっても歓迎される職業はありません。その切符を手に入れるための通過地点と考えて、現状に感謝して下さい。

 

「資格さえあれば、もっと前を向いて生きられたのに…」進路変換するには遅すぎる年齢になってから、こんなことを考える人生を送りたいですか?‘看護師になる決心をした’自分に、自信を持って下さいね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     

看護学生・実習の心構え。関連ページ

看護学生生活最大の難関、それが実習!
看護学生生活最大の難関、それが実習!
基礎看護実習の攻略法(1年生)〜入門編〜
基礎看護実習の攻略法(1年生)〜入門編〜
看護学生を悩ませる‘カンファレンス’
看護学生を悩ませる‘カンファレンス’
実習が上手くいくコツ 〜グループメンバー編〜
実習が上手くいくコツ 〜グループメンバー編〜
実習が上手く行くコツ 〜事前学習編〜
実習が上手く行くコツ 〜事前学習編〜
実習が上手く行くコツ 〜実習指導者編〜
実習が上手く行くコツ 〜実習指導者編〜
情報の取り方 〜カルテから〜
情報の取り方 〜カルテから〜
情報の取り方 〜カルテ以外〜
情報の取り方 〜カルテ以外〜
実習と国家試験勉強を両立させるコツ!
実習と国家試験勉強を両立させるコツ!